loading

SHOP NEWS

企業主導型保育施設 ミルクひまわり園

「企業主導型保育施設 ミルクひまわり園」は、NPO法人「保育ネットワーク・ミルク」が運営する「企業主導型保育施設」です。

認可外保育園ではありますが、内閣府が推進する「企業主導型保育事業」の対象機関として、待機児童と連携企業に勤める従業員のお子さんをお預かりしています。国からの助成を受けているために、保育料は認可保育園と同等かより安い設定になっているそうですよ。

お預かりしているお子さんの年齢は、0歳児〜2歳児まで。定員19名(現在は18名)のお子さんを、12名の資格を持つ保育士で見守っています。少人数保育を実現しているので、お子さん一人ひとりにしっかりと目を行き届かせることができるんですね。

取材に訪れたこの日も、お子さんたちがおもちゃで遊んだりマット運動をしたりと、保育士と触れ合いながら楽しそうに過ごしていましたよ!

保育士がお子さんと接するにあたって心掛けていることは、「一人ひとりを大切に、心に寄り添う保育をする」ということ。これは「保育ネットワーク・ミルク」が立ち上がった30年前からずっと変わらないポリシーです。

ミルクひまわり園は、保育士の生の声で一人ひとりにしっかりと届くように絵本を読み聞かせします。

子どもの目を見て、子どもの声を聞いて、子どもにしっかりと言葉を返す。大切なお子さんの健やかな成長のためには、絶対に欠かす事のできない保育への姿勢です。

ミルクひまわり園は、過去に認可保育園の園長や保育士を経験したスタッフのみで運営されています。大規模な認可保育園では叶える事のできなかった「一人ひとりの成長をしっかりと支える」という事を、小規模の認可外保育施設で実践されています。

子どものより良い成長と幸せを考えると、保護者の方に安心してもらうことがとても大切です。3歳までの子どもをどのような環境で育てたか?どのように育てられたか?によって、その子の人生に大きな影響を与えます。

お子さんはもちろん、お母さんお父さんも支えたい。保護者と一緒にお子さんの成長を見守りたい、支えたいという思いで「ミルクひまわり園」は運営されています。

店舗情報

企業主導型保育施設 ミルクひまわり園の最新記事